中古マンションの物件選びのポイントや基礎知識について

中古マンションの利点

スポンサード リンク

中古マンションは、新築マンションと比べて立地や広さの点で2,3割安く、築年数が経っていればリフォームが必要な部分もありますが、その費用を差し引いても明らかに割安です。

また売れる中古マンションは、価格が割安であることが条件であり、売れているのに価格がどんどん下がるため、新築に比べて3,4割の安さは当たり前です。

さらに中古物件の価格は市場が決めますが、新築への買い換えを急ぐあまり、安値の売却が出るという現象が起きています。

そのうえ売却に出されている物件の選択肢は、圧倒的に中古マンションの方が多いことは明らかです。

なぜなら、新築マンションは新たな土地を探して建てますが、中古マンションは何十年もの間に供給された、数多くの物件が供給源だからです。

ただし中古マンションを選ぶ場合、既に人が住んでいた物件なので良い・悪いの判断がしやすいですが、物件の種類が多くて築年数・価格とも様々なので、良い物件を見分ける目を養う必要があります。