個人の競売参加

個人の競売参加

スポンサード リンク

競売物件は裁判所に溢れており、賢明な人は専門業者に混じって、良い物件を賢く落札しています。

またプロの業者には再販というハンデがあり、できるだけ割安に落札してリフォームし、販売して儲けを出さなければなりません。

そのため業者が狙うのは、立ち退き料目的の住民がいるために割安な物件など、個人が落札しにくい物件です。

一方で個人の場合には、買値が市価よりも安ければ良いので、落札の可能性が極めて高く、ある面で業者は個人には勝てません。

そして個人の場合は、現況が空き家で引き渡しに問題のない物件を狙うので、お金の用意があれば問題なく落札できます。

ただし、個人が占有者のいるような物件を落札しても、業者のように手慣れた交渉はできないので、あまり複雑な物件には手を出さない方がよいでしょう。